プリンタの種類と特徴

プリンタにはインクジェット式とレーザー式の二種類があります、自分が使う用途に合った製品を選ぶのがいいですが、 どのような違いがあるのでしょうか?簡単に開設します。
まずインクジェット式プリンタですが、こちらはインクを細かい霧状の粒子にして紙に吹き付けることで印刷します、多色刷りが可能で構造も単純なので、プリンタ本体やインク等の価格が安いため、個人での所有はこちらの方式がほとんでです。さらに、インクジェット型のインクは染料系と顔料系に分かれます、染料系はノズルの目詰まりも少なく、色も鮮明ですが、水に弱いため、にじんでしまうのが弱点です、逆に顔料系は耐水性には強いですが、光沢が少なくノズルの目詰まりも起こしやすいのが弱点です。にじみのないはっきりした文字として印刷するために黒色だけに顔料を使っている機種が中心になっています。
レーザー式プリンタは、レーザー光をあてることで、電位によりトナーの粉が吸着する性質を利用した方式です、昔はとても値段が高かったのですが、最近ではだいぶ低価格になっているため個人でも気軽に購入できるようになってきています。
レーザー式は、印字が速いことが最大のメリットです、ですが、印刷時の消費電力が大きいことと交換用のトナーの値段が高いこと等のデメリットがあります。基本的にはビジネス向けです。