色々な賃貸事務所

会社の事務所を設置する時、これまではマンションやオフィスビルにテナントとして入居し、借用契約期間は年単位で行う事が一般的でした。
この契約形態がこれまで主流でしたしこれからも主流でしょうが、今では賃貸事務所という契約形態も珍しくなくなってきました。
従来までの長期賃貸契約などと異なるのは、入居テナント全体で事務機能を共用できる点です。
オフィス機器、会議スペースなどが共用スペースとなり、作業スペースと電話のみが入居企業の個別スペースとなります。
オフィス機器の購入不要に加えて敷金や礼金もかからないので、コスト優位性があります。
物件によっては受付機能や秘書まで付けられるものもあります。
契約期間も様々で、月極のものから時間貸しというものまであります。
時間貸しではノートPCを喫茶店に持ち込んで仕事をするような気軽さで借りる事ができます。
また、立地がよいのも特長で、都市部の交通アクセスのよい場所にあります。